FC2ブログ

Home > 2010年07月20日

2010年07月20日 Archive

海の日

  • Posted by: Hachiro
  • 2010-07-20 Tue 09:29:12
  • 未分類
昨日は「海の日」。
数年ぶりにすっきり梅雨が明けたこともあって、山は大賑わいとなりました。

賑わう

この連休中、18日の宿泊は300名ともなっていきなり夏本番。
山荘のアルバイトたちもまだ仕事に慣れていないのでてんてこ舞いの忙しさでした。

この「海の日」が制定された10数年前ころには、
なんと700名以上(!)もの宿泊者数を記録したこともあって、
「海の日」どころか「山の日」じゃないか! と山小屋関係者にとっては戦々恐々の祝日であったのです。

それがここ数年は悪天候と休日が第三月曜日にシフトされたこともあって、
しばらくは鳴りをひそめていたのですが今年はひさびさに大賑わいとなりました。





さて、人が大勢動けば増えてしまうのが遭難事故。

この連休も大キレットや天狗ノコル、ザイテンや白出沢とあちこちで事故が起きてしまいました。
幸い死亡事故はありませんでしたが、目立つのは雪渓上での滑落です。

今年は例年よりもかなり残雪が多いです。
ご注意下さい。
(特に白出沢はまだ500m以上の急傾斜の雪渓がありますので10本爪以上のアイゼンが必要かと)

白出
昨日の白出沢でのレスキュー








私はその悦びを始めて味わった半世紀以上前の、穂高連峰の縦走のことを鮮やかに憶えている。

そのところどころでは滑る岩やぐらつく岩に恐怖を憶えた筈なのに、その記憶の方は都合よく忘れ、自分の山での行動が急にひろげられ、それが自信ともなって、これに似た岩稜を他の山に求めては出掛けて行くようになった。

そのうちに、どの岩がしっかりとして、自分の体重をすべて託しても大丈夫であるとか、確かめる前に、この岩は大変に脆く、そこに手がかりや足場があっても頼りにするのは危険であるとか、一種の勘のようなものが身について来るのだった。

一般登山路といわれている比較的安全な道よりも、より困難な岩稜を選び、そこを登り切って山頂に達した時には、悦びが数倍も大きく深く感じられた。そして自分で自分を一段と成長させたような気持ちにもなるのだった。

それは思えば単純な悦びであって、世間に向かって誇るに足るようなものではなかったかも知れないが、山から下りて来て日常生活に戻っても、登る前よりも幾らか背筋をぴんとのばしていられるような気分であった。

(串田孫一 「岩稜」より)




カナトコ


穂高の夏はまだまだこれから…






Index of all entries

Home > 2010年07月20日

タグクラウド
使いっ走りheyko のつぶやき
リンク
パタゴニア Photo: Barbara Rowell
メッセージはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブログランキング

FC2Blog Ranking

ようこそ穂高へ

Return to page top