FC2ブログ

Home > 2012年05月05日

2012年05月05日 Archive

夜間救助

  • Posted by: Hachiro
  • 2012-05-05 Sat 17:48:39
  • 穂高
re-3
(2012/05/04 10:30pm 涸沢岳稜線にて)




ニュースで喧しく報じられているように、また山で悲劇がおこってしまった。


北アルプスでの遭難死亡者が8名となる惨事。

うち1名は穂高・涸沢岳でのものであるが、
その涸沢岳の一件では死亡者が6名となっていてもおかしくはなかった。



昨夜、涸沢岳で行ったレスキューの詳細をここに記すことはしないけれど、
一般の報道ではうかがい知れない壮絶な行いであった。



遭難場所が涸沢槍という難所であるのに加えて天候は吹雪、しかも夜、
稜線では気温-3℃で風速は20メートル以上、体感気温は-25℃にもなる。

諸状況を考えれば1名の遭難者を救うのでさえ困難かと思えるシチュエーション。
それが6名も…

正直なところ現場へ赴きつつも、仲間たちのことを考えれば、
どこで線をを引いて撤退するべきかを考えていたのが偽らざる心境であった。


だがそんな懸念なぞ関係なしに、いつしか関係者全てでの総力戦のレスキューとなっていった。

県警山岳警備隊、穂高岳山荘スタッフ、居合わせたドクターと看護士の方たち…
そのひとりひとりが、救助要請の第一報が入った午後7時頃から最後の要救助者を収容した午後11時過ぎ、
そして蘇生措置を行った深夜まで、それぞれのポジションやスキルのなかでの精一杯の戦いを繰り広げた。




re-2
(2012/05/04  涸沢岳稜線にて)




力を尽くしたにも関わらず、結果としては残念ながらひとりの方が命を落とされてしまった。

その方を背負ってきた若い救助隊員は悔しさでぼろぼろと泣いていたが、
僕はむしろ、あの状況下で6名すべてを山荘へ収容できたことが奇跡的だとも感じた。



収容後の措置で蘇生した方も数名いて、
外での救助活動に加えて、山荘内でのあの懸命な処置がなければ犠牲者の数はもっと増えていたと思う。

躊躇なしに自分たちの防寒衣類を与え、湯をわかし、部屋を暖め、処置に奔走する。
それも寝静まった一般の宿泊客の方々へ迷惑をかけることなしにである。


僕は過酷な現場でヘロヘロになってはいたけれど、
そんな仲間たちの頼もしくかつ素晴らしい行いに、改めて穂高岳山荘というものに感動した。



re_4.jpg
(2012/05/04  11:12pm 穂高岳山荘の土間玄関、担ぎ込まれた要救助者の処置を行う)





穂高で小屋番として身をおく以上、
こうしたレスキュー現場にたずさわることは結構ある。
今回はそんな経験のなかでもかなり過酷なものであったことは間違いない。



我々は漫画「岳」の三歩クンのようなスーパーマンでは決してない。

「できることはできるけど、できないことはできない」が信条の生身の人間だ。

でも僕たちにはそんないたらない自分をフォローしてくれる頼もしい仲間が大勢いる。

だから、三歩クンの口癖である“あの言葉”を、
今回は(自分を含めた)仲間たちへこそ捧げたい。



みんな、「よくがんばった!







※ ほんとうは、この「よくがんばった!」は、我々のレスキューの師であり仲間であった、故篠原秋彦さんの口癖でした。きっと、「岳」の作者の石塚さんもそんな想いを込めてくれているのだと思います。
















































Index of all entries

Home > 2012年05月05日

タグクラウド
使いっ走りheyko のつぶやき
リンク
パタゴニア Photo: Barbara Rowell
メッセージはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブログランキング

FC2Blog Ranking

ようこそ穂高へ

Return to page top