FC2ブログ

Home > 2012年05月08日

2012年05月08日 Archive

夜間救助2

  • Posted by: Hachiro
  • 2012-05-08 Tue 17:56:22
  • 穂高

前回の記事には驚くほど多くのコメントをいただいた。


そのほとんどが激励や応援そして労いのお言葉であった。
おひとりおひとりにご返信をすることが出来ないけれど、ほんとうに勇気づけられた。
この場をかりてこころより御礼申し上げます。

ほんとうにありがとうございました。


また必ずしもこのような内容の記事に対して快く思われなかった方もおられたようですが、
そのことも真摯にうけとめ、今後とも山の住人としてのメッセージをお伝えしていきたいと思います。





と、実は上の文章を一昨日の夕刻に記してブログにアップしようとしていたところ、
まさにそのタイミングでまたもや救助要請が入ってしまった。



こんどは奥穂高稜線である。

出動午後4時10分、風雪、視界悪し、気温-5℃。


要救助者は3名+1名だったのだが、奥穂山頂直下で発見遭遇出来たのは内2名。
ひとりはなんとか自力歩行ができたが、もう1名は衰弱が激しく背負い搬送となった。




山荘上の雪壁で夕闇となり、またしてもの夜間救助である。


0506001



0506002
(2012/05/06  上記2枚=長野県警山岳救助隊 岡田副隊長撮影)





この日は岐阜県警の穂高常駐が午前中に下山してしまっていたので山荘スタッフ4名で事にあたっていた。
そこへありがたいことに涸沢から長野県警山岳救助隊が2名サポートへ駆けつけてくれた。
「駆けつける」といっても涸沢から通常2時間はかかる道程を、ましてこの日は新雪のラッセルの中をである。
彼らとは訓練の後の酒盛りで共にバカ騒ぎをした間柄なのだが、その知った顔が現場へ登場してくれるのはなんとも頼もしかった。





そして山荘へ収容できた要救助者の方は、スタッフ達の懸命の蘇生措置(といってもドクターはいないので、ひとつひとつが手探りの徹夜対応)でなんとか深夜に意識を取り戻し、翌早朝に岐阜県警ヘリにて病院へと搬送された。



0507-1
(2012/05/07  5:20am)


この日は風速が20mほどもあり、ヘリが3000mの高所に降りるにはかなり困難な状況だったと思う。
祈るような思いでヘリを待つ我々の元へ、強風のなかジリジリと高度を下げ、やがて見事着陸したヘリのパイロットの表情には気合いと使命感が満ちていた。
(さすがや!  ありがとう!!)


0507_2
(2012/05/07  5:25am)


こうして要救助者を乗せて病院へと向かってくれるヘリの後ろ姿には、なんだかいつも胸が熱くなる。







でもそうして、無事にふたりを救えた喜びもつかの間、
その直後には、奥穂高山頂直下の「間違い尾根」で発見された2名の遺体収容作業へと向かった。



現場が急な雪壁の微妙な場所であったため、作業は正午近くまでかかってしまったが、
なんとかこの日の内に亡骸を下界へと下ろすことはできた。


ジャンダルム飛騨尾根を登攀してきた彼等の装備はキチンとしたものだったし、
アクシデントの後、なんとか風雪をやり過ごそうと最後まで戦ったであろうことが感じとれた。
おそらく、その瞬間にほんのわずかでも視界が利けば、あるいは命を落とすことはなかったのではないかと思うと何ともやりきれない。




怒濤のように生と死が交錯した4日間にあって、僕たちはただただ眼前の出来事に力を尽くすことしかなかった。
その中で3名の命が失われてしまった。
今、自分の中に澱のようにある疲れのようなものは、なにも体力的なものだけではないと思う。







一昨日の夜、収容作業を終えて小屋へ入る直前のこと、
突然に雲が切れて「スーパームーン」が照らす山々が姿を現した。

見慣れたはずの穂高なのに、そのときの山は壮絶なまでの美しさだった。




あの時、間違い尾根にいたふたりは、あの光景を目に出来ただろうか…








































Index of all entries

Home > 2012年05月08日

タグクラウド
使いっ走りheyko のつぶやき
リンク
パタゴニア Photo: Barbara Rowell
メッセージはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブログランキング

FC2Blog Ranking

ようこそ穂高へ

Return to page top