FC2ブログ

Home > 2012年05月20日

2012年05月20日 Archive

ジャン飛騨

  • Posted by: Hachiro
  • 2012-05-20 Sun 16:56:32
  • 穂高
先週は神戸、東京で「穂高・涸沢 Movie & Talk Session 」という催しがおこなわれた。
で、飛騨→信州→神戸→東京と旅の空となったのだが、
両会場とも大勢の方々にお越しいただけて楽しいイベントとなった。
また旧知の友人にもたくさん会うことができてとても嬉しかった。

わざわざ足を運んでくださったみな様、どうもありがとうございました。


さて今日は「ジャン飛騨」(ジャンダルム飛騨尾根)を登攀。

昨日東京から直接白出沢ゴルジュの幕営地に入り、今朝は2時起き3時発というなかなかハードな行程ではあったのだが、
クライミング映像の撮影のためプロガイドの木村道成さん他にご協力いただき、ナイスなクライミング&撮影を行うことが出来た。




ジャン飛騨01
(2012/05/20 8:32am ジャンダルム飛騨尾根にて)






ジャン飛騨
(2012/05/20 11:05am ジャンダルムと木村ガイド一行)




「ジャン飛騨」は僕ていどの技術でも楽しめる本格的なアルパインルートであるし、
特にこの時期は雪と岩、つまりは穂高のエッセンスを存分に味わうことのできる素晴らしいルートだと思う。

だが白出沢出合からだと標高差約1600mのロングルートとなるし、
ジャンの頂に立った後も「ロバの耳」の下降や「馬の背」のナイフリッジがあって気を抜けない。
(むしろこのルートの核心はこの縦走路かもしれない)

そして今日「ジャン飛騨」をたどりながら思わずにはいられなかったのは、やはり先日の間違い尾根での遭難である。

彼等はルート中の数々の難所をクリアしてきて、もうあと少しで穂高岳山荘だったのだ。
本当ならば吹雪のなか小屋にたどりつき、暖かい飲み物を手に「ちょっとヤバかったよなぁ」などと笑顔で語りあっていたに違いない。

なんとも残念でやりきれない。


今回の事故をうけて岐阜県の遭対協では間違い尾根の指導標をもっと分かりやすいものに作り替えてくれるそうだ。
また、来春期にはルートをさらに明確に示すためにフィックスロープの設置も検討している。




二度とあんな悲しい事故がおこらないことを願うとともに、
改めて心よりお二人のご冥福をお祈りいたします。







































Index of all entries

Home > 2012年05月20日

タグクラウド
使いっ走りheyko のつぶやき
リンク
メッセージはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブログランキング

FC2Blog Ranking

ようこそ穂高へ

Return to page top