FC2ブログ

Home > 2015年05月07日

2015年05月07日 Archive

日暈

  • Posted by: Hachiro
  • 2015-05-07 Thu 16:07:41
  • 穂高
大型連休は昨日まで、今日からまた普段の生活が始まったという方が多いと思います。

しかし穂高では連休中に4名の方が命を落とされ、日常の暮らしに戻られることはありませんでした。



150506 日暈
(2014/05/06 「日暈」 11:40am)




先日も記しましたが、どの遭難も遠因にこの連休の特徴であった「寡雪」と「高温」があったのではないかと考えます。

今年はこの時期としてはちょっと考えられないくらい雪が少なく、普段であれば岩と雪のミックスとなるルートの多くが完全にドライコンディションとなり、アイゼンを必要とする場所とそうでない場所とが極端に分かれてしまっている状態でした。

4月30日の涸沢岳西尾根の事故はそうした「雪が無さ過ぎたがゆえ」とも思われるのです。
現場は蒲田富士からの下りの古いフィックスロープが残置してある岩稜付近。
山荘から涸沢岳稜線、蒲田富士と全く雪を踏まない下降路にあって事故現場付近にはわずかな残雪があったそうです。
おそらくその雪を避けようと本来のルートと反対のブドウ谷側を巻こうとして事故に至ったのではないかと推測されます。
遭難された方はアイゼンを装着していなかったとのことですが、それがミスであったともぼくには言えません。
山荘からあそこまでアイゼンをつけずに降りたのなら、おそらくそのほんのわずかの雪のためにわざわざアイゼンをつけるかどうか自分としてもわからないです。

そもそも例年であればこの時期の涸沢岳西尾根をアイゼンをつけずに降りるなんてことはあり得ないのですから。


ある年の6月に西穂〜奥穂縦走をやった折、天狗のコルからジャンへの登りで前後は全く雪が無いのに急峻な雪のルンゼの横断に4、5回もアイゼンの脱着を強いられてウンザリしたことがあります。
ただあの時は他に選択肢がなかったからそうしたのであって、もしも脇に巻けるような岩稜があればそちらを行ったかもしません。


そうした雪と岩との状況 ーつまりルートのほんの一部に雪があって前後はまるで夏と同様ー が象徴的であったのが山荘から奥穂への最初の岩場です。



150503 岩峰
(2015/05/02 9:20am)



奥穂へと登ろうとされる多くの方が、このハシゴ場を見て「アイゼンをつけて行くかどうか?」ということを考えられたと思います。

通常のルートはハシゴを登って右へトラバースし、雪壁に取り付きそのまま雪の上を直登します。
そして途中で安定してアイゼンを脱着出来るような場所もないので、ほとんどの方はアイゼンを着けたまま岩場とハシゴを登って行かれました。(ぼくたち小屋番やガイドさんも当然そうして登り降りしました)

ところが登りはともかく下降時にあの急峻な雪壁をクライムダウンするには相応の技術が必要ですし、何よりもオソロシイ…
おそらくそういう理由から、少なくはない数の方が雪壁左側の岩場にルートを求めていました。
その岩場は夏のルートでもなく(実際に行ってみればわかるのですが)、かなりボロボロの脆い岩場です。
それが雪にパッキングもされておらず、今年の気温変化の激しい状況下ではさらに不安定さが増しています。
そんな岩場を下ろうとするとかなりの頻度で石を落としてしまいます。

もしも周囲に全く人が居ないのならそれはそれでアリかもしれません。
基本的にはぼくは登山という行為に規制や制限はなじまないと思いますし、誰がどのルートから頂に立とうが自由であるとも思います。
ただしそれは他人に迷惑をかけないというのが前提であり、いわんや人の命を危険にさらしてなどとは論外です。

連休の最中にルート上に多くの登山者がいるであろうことは容易に想像が出来るはずですし、ハシゴに取り付いている人に落石を落としてしまえばどんな重大な結果となるのかは明らかです。
(写真からも岩峰直下の人達とハシゴ場付近の人達との位置関係の危うさが見て取れると思います)


実際、連休中には幾度も落石が発生しました。
でも奇跡的に人に致命傷を与えることはなく小屋の屋根にいくつか穴を空けただけで済んだのは幸運でした。

なので、もしも山荘からのハシゴ場付近をどうしても自由なラインで登りたいと申される方がおられましたなら、ぜひ2月か3月の厳冬期をオススメします。
その時期なら岩は硬く凍りついて落石も起きにくいですし小屋も雪に埋まっていてダメージもありませんので。




さて、そうした例年にも増して不安定であった岩の状態の中、
5月3日には前穂北尾根で落石による死亡事故が発生してしまいました。
しかもそれは先行パーティの人工落石によるものであると聞いています。


150503_連休_4
(2015/05/03 レスキュー中の長野県警ヘリ)



事故のあった北尾根四峰は岩が脆く、過去にぼくは目の前で人の乗った岩が崩れる遭難を目撃したことがあります。
その事故もえらく気温の上がった5月のある日のことでした。




今年、小屋開けのために入山したのが先月18日で、以来一度も雪が降っていません。
こんな年は初めてです。

天候の悪化した5月4日は終日雨でした。
翌5日はようやく気温が平年並みに戻って朝には−5℃ほどと少し寒い朝を迎えていました。
山荘に泊られたそのふたり連れの方は、朝食を済ませてしばらくした午前7時頃に涸沢へ向けて発たれたようです。

当時の雪の状態は前日の水分が凍結し、その結果雪面はほとんど氷に近いような硬さとなっていました。
山荘からあずき沢を50mほど下ると斜度がさらに増します。
その地点でスリップしたらしいおふたりは、そのまま600m氷のような雪面を滑落してお亡くなりになりました。

あずき沢での滑落事故が死亡にまで至るのは5月よりも6月の方が多い気がします。
それは6月の方が雪面が堅くなることが多く滑落時のスピードが落ちないからではないかと。
しかし先日の5日朝の雪面はアイゼンのツァッケがほとんど刺さらないほど硬かったです。
それは通常の5月にはちょっと考えられないくらいに。

実はその日、あろうことかチェーンアイゼンで登って来ていた韓国の方もいて、そのアイゼンでは危険だから雪の緩むまで下山を見合わせるようにとお願いしていました。
そして10時頃にはその装備であっても何とか下山できるほどに雪は緩んだのです。

あのおふたりにも声をかけることが出来ていたなら… と思わずにはいられません。




私たちがご用意させていただいた食事を食べていただき、
時に何気ない会話をも交わした方が、
その数時間後や数日後に帰らぬ人となってしまうことがあるという事実に、
小屋番である我々は心に何ともいえないものを抱きます。


こうして遭難の原因や要因を考えてみたところで、それは結局後だしジャンケンであって意味などないのかもしれません。
こざかしい人間の経験や知恵など自然の厳しさの前では無に等しい。

たかが季節の歩みが多少早いくらいのことは、きっと山にとっては何の不自然さもないのでしょう。

それに世の多数の方が「なぜわざわざあんな危険な場所に行くのか?」と批難を交えた思いを抱かれているであろうことも承知しています。

しかしそれでも、大いなる自然の中に身を置き、岩を攀じり雪を踏むことに生の歓びを感じとる者の端くれとして、山での死に対して「なぜ」ということを考えざるをえないのです。



この文章を綴りながら、先ほどふと窓の外を見るとなんと雪が舞い始めました。
見る見る内に結構な降りとなってきたのでこれは積るかもしれません。




亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。


























































Index of all entries

Home > 2015年05月07日

タグクラウド
使いっ走りheyko のつぶやき
リンク
パタゴニア Photo: Barbara Rowell
メッセージはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブログランキング

FC2Blog Ranking

ようこそ穂高へ

Return to page top