FC2ブログ

Home > 2016年05月03日

2016年05月03日 Archive

それはあかんやろ?

  • Posted by: Hachiro
  • 2016-05-03 Tue 06:20:37
  • 穂高
いやはや大騒ぎの一日でした。
結局昨日は穂高連峰で、死亡2名、17名救助、1名未収容となりました。

昨日は富山県の立山や劔でも遭難がありましたし、一昨日はやはり長野県北部や埼玉県でも遭難があったせいで報道的には「春山登山で遭難相次ぐ」とされています。

しかし、穂高でのこの数の多さはちょっと異常でしょう。


それはなぜなのか……

端的に言うと「春の穂高に登るべきでない(登る技量のない)人が、大勢登ってしまっているから」ということです。


160502 レスキュー_1
(2016/05/02  6:10 a.m.)


各々の遭難について、その状況や経過はそれぞれ異なりますので十把一絡げに非難することもできません。

でも、今回のジャンでの救助はちょっと酷すぎます。

僕は警察関係から事の詳細をあるていど知り得る立場にいますので、それを晒すようなことは控えますが、
はじめは「果敢にバリエーションルートに挑んだ中での不幸な事態」として捉えていました。
でも話をきいて、それが「無謀・無知の輩による安易で情けない救助要請」であったことを知りました。
そして連中には呆れるのを通り越して怒りさえ覚えてしまいます。

いやしくも穂高の積雪期バリエーションを登攀しようという者たちが、ふた晩のビバークで9名全員が行動不能なんてありえない。
そもそも30日に、ルート登攀を終えて安全地帯へ逃げ込めずにビバークを強いられている時点でダメでしょう。

30日土曜日は確かに地上の天気予報にない気象変化がありました。
でも山の天気予報では「夕方から小崩れ」との情報は示されていたし、例えそれが予想よりも悪いものであったにせよ、午後3時ごろまでは視界もあって十分に行動できる天候でありました。

そもそも「ジャンダルム飛騨尾根」はルート自体の難易度はそう高くはなく、コース取りでかなりグレードの変わるルートです。
しかしベース(それをどこに置くかで話も変わりますが)からの標高差や行程が長く、また一番の核心はジャンへトップアウトした後のロバ耳付近の通過と言えます。
つまりスピードと体力が求められるルートです。

それを無思慮にも大人数でやる、挙げ句に時間がかかってビバークとなる、あまつさえヘリ救助を求める。

フザケルナ! と言いたい。




以下は小屋周辺で見かけて、思わずシャッターを押してしまった人たちです。

へっぴり腰_1


へっぴり腰_2


スニーカー!


1枚目と2枚目は人物をシルエットにしてありますが、それで何を言いたいかは読み取っていただけるかと思います。
また3枚目の「ほとんどスニーカー」という靴を履いていた方には「それ、雪入って冷たくないスか?」と尋ねると「ええ、冷たいです。」と返されて、それ以上会話になりませんでした。



亡くなってしまっている方もおられますので、死者にむち打つようなことは言いたくありませんが、あずき沢の登りで滑落するなんてことも、ちょっと考えられません。

160502 レスキュー_2
(2016/05/02  9:30 a.m.)


160502 レスキュー_3



先日の奥穂へのハシゴ場上部から滑落された方も、その後にどうやら下りではなく登りで滑落されたことが明らかになりました。
なんだか僕は言葉を失うし、もうどう対処していいのかもわかりません。

それでも昨日は奥穂雪壁の滑落防止ネットに引っかかって一命を取り留めた方もいるので、まあ多少は役にたったかとも思います。
でもこれだけ遭難がおきてしまうと、なんだか自分たちに無力感をおぼえてしまうし、ちょっと空しくなってしまいます。


こんなこともありました。
奥穂への雪壁へ取り付いてはみたものの、途中で引き返してきた方が、
「シングルアックスだから登れなかった、今時期はダブルアックスでなくてはムリですね?」
と尋ねられたので、
「いえ、そうではありません。アックス(ピッケル)がシングルかダブルか、という道具の問題ではなく、それは技術の話です」
とお答えしました。
それで、そもそもこうした岩と雪のミックス帯では素早く両手を使えるシングルアックスとすべきであること、
あるいはダブルアックスが必要となるのはまた違ったシチュエーションであることなどをご説明していたところ、
端で話を聞いていたカップルのお兄さんが、
「あのぅ、ボクたちピッケル無くって、コレなんですケド…… 奥穂、登れますか?」
と、ストックを二本見せられて、僕は椅子から転げ落ちそうになりました。




誰も遭難をおこそうとして山に登る人はいません。

でも、お願いですから、
その山に登る前に、そのルートに取り付く前に、その斜面に踏み込む前に、
「それを行ったらどうなるのか?」ということにもっと想像力を働かせてほしい。


雪の急斜面を登ったならば、必ず次はそこを下って戻らねばなりません。
ルートで時間がかかれば、結果として厳しいビバークを強いられることになります。
奥穂への雪壁で墜ちれば、たいていの場合死に至ります。


安易な考えのその行いが、いったいどれほど他者へ迷惑を及ぼすのかを、どうか思ってください。

こんなことがいつまでもくり返されていては、いづれ穂高は誰もが自由に登れる山ではなくなってしまいます。












































Index of all entries

Home > 2016年05月03日

タグクラウド
使いっ走りheyko のつぶやき
リンク
メッセージはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブログランキング

FC2Blog Ranking

ようこそ穂高へ

Return to page top