FC2ブログ

Home > 2017年09月14日

2017年09月14日 Archive

事故多発

  • Posted by: Hachiro
  • 2017-09-14 Thu 11:50:31
  • 穂高
今月に入って穂高での遭難死亡事故が続いています。


こちらの耳に入っているものとして、

9月3日、ザイテングラードで滑落
9月7日、大キレットA沢のコルで滑落
9月9日、4日朝から行方不明だった方が慶応尾根付近の沢で発見
9月11日、北穂滝谷でクライミング中に転落
9月14日、涸沢槍付近で大学生が滑落

と、まだ9月は半ばだというのに今月だけでもう5名もの方が亡くなっています。

その内の3件については多少なりとも私自身も関わりを持つものです。
というのも、ザイテンや涸沢槍は夏のシーズン前に登山道補修を行なったルートでしたし、
滝谷ではその救助活動中に遭難者が心肺停止となるというものでした。

とはいえ、ザイテンや涸沢槍の発生現場は危険箇所として私たちが手を入れた「いかにも」というようなポイントではなく、
それは一見するとなんでもない(それでも一歩誤ればとり返しのつかない)ような所です。
また滝谷での一件も、あの絶望的な状況では如何ともし難いものでした。

登山道補修にせよ、遭難救助にせよ、もちろんそれを行なったからといって死亡事故をなくすことは出来ません。
そんなことは重々承知の上で、私たち小屋番はそうした仕事に毎年力を注いできています。

でも、こうした事故が続くとなんというか躰から力が抜ける気がしてしまうのです。
滝谷で亡くなったのは22歳の前途ある若者でしたし、涸沢槍はまだ10代の大学生でした。
なんだかほんとうに無念ですし、やりきれない。

ここ数年9月に遭難事故が多いのは、そもそもの登山者数の増加が背景にあるとは思います。
もう毎年のように梅雨明けが遅くなり、8月も不安定な天候となる傾向の中、安定した好天を求めて9月に登山者が多く訪れるようになったのでしょう。
そうした分母が大きくなれば、遭難件数も増えるということは頭では理解できます。

でも遭難死亡事故というのは、当然その一人ひとりにご家族や肉親があるわけで、そのそれぞれに言いようのない悲嘆が存在するはずです。
それは数の多い少ないで語られる類のことでもないでしょう。


この穂高での悲劇を少しでも減らすためには、
その一歩を踏み出す、その方ご自身の確たる自覚以外にありません。

穂高に足を踏み入れるということは「その一歩を誤った場合には命を喪うことをも同意する」という契約書にサインするということです。
そしてその約束には、年齢や性別、地位や職業や肩書きなど、人間側の理屈や都合は一切関係ありません。
山はどんな人にもいっさい分けへだてなく、時に牙を剥き、そして微笑みます。


どうかお気をつけて。




亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。




170913 ジャン流雲_gh_097
(2017/09/13 雲流れるジャンダルム)


























Index of all entries

Home > 2017年09月14日

タグクラウド
使いっ走りheyko のつぶやき
リンク
メッセージはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブログランキング

FC2Blog Ranking

ようこそ穂高へ

Return to page top