FC2ブログ

Home > 穂高 > 11月6日

11月6日

  • Posted by: Hachiro
  • 2018-11-06 Tue 10:03:32
  • 穂高

穂高岳山荘 小屋を閉めてみんな下山してきました。
〔2018/11/05 穂高岳山荘下山日〕


おつかれさまでした。。。

11月6日 という日を何回も奥飛騨でむかえました。
宮田八郎とは何回だろう、、、 30回ちょいかな

平成最後の、というフレーズで記憶にのこる今年
平成30年 2018年
いろいろあったけど

ホンマに ありがとう 
 (↑はちろーより)





上映会のご案内をさせていただきます。

ありがとう上映会 〜 Thanks to HODAKA 〜

ながい時を 穂高で過ごし
たくさんの おかげさま で 生きてきて

つたえきれていない つたえようがない さまざまな想いと感謝の気持ち

宮田八郎からの ありがとうを
穂高への ありがとうを
想いをよせてくれた みなさんへの ありがとうを

ひたむきに覗きつづけたファインダー
その向こうに描きたかった こころの丈を
すこしでもつたえることができるなら 感じてもらえるなら と
そして わずかでも 明日への活力となってくれるなら と

そんな宮田八郎への ありがとうを 

  感謝を込めて –———




宮田八郎 (1966年4月4日生まれ)
2018年4月5日、南伊豆の海にて命を落としてしまいました。
山仲間で兄のような存在の木村道成氏とともに。
穂高にもどこの山にも 街にも ふたりの姿を見ることのない月日が経ちました。
 
穂高の山小屋も閉じ、冬へのはじまりの時
長年 彼が撮り続けてきた映像をご覧いただき
彼からの、彼への、そして想いを寄せてくださったみなさんへの
感謝の意と 
ふたりへの祈りを捧げたいと思います。

よろしければご都合のあう日時・会場にご来場いただけたらと思い
ご案内させていただきます。

〔開催内容〕 
会場のホワイエにて 宮田八郎の写真、映像作品等の紹介 展示
ホールにて 宮田八郎制作の映像上映等(上映作品変更の場合もあります)
 ・短編映像数点(30分〜40分)・「星々の記憶」(40分/2017年制作)

〔開催日程〕
◎11月14日(水) 開場18:30 上映19:00 〜 20:30
  松本市民芸術館 小ホール (240席 バルコニー席48席)
  長野県松本市深志3−10−1

◎11月20日(火) 開場19:00 上映19:30 〜 21:00
  三鷹市藝術文化センター 星のホール (250席)
  東京都三鷹市上連雀6−12−14

◎11月25日(日) 開場 9:30  上映10:00 〜 11:30
  飛騨市 平成の芝居小屋 船津座  (約150席)
  岐阜県飛騨市神岡町船津1130−1

◎12月11日(火) 開場18:30 上映19:00 〜 20:30
  神戸市立 灘区民ホール  (500席)
  兵庫県神戸市灘区岸地通1−1−1

〔入場無料〕
 チケットなどはよういしてありません。座席の指定もありません。
 ホールの座席がいっぱいになった場合、ホール内に入れないことがあるかもしれません。
 ご了承のほどよろしくお願いいたします。

〔申込不要〕
 事前のお申込等は必要ありません。ご都合のあう会場へ直接ご来場ください。

〔主  催〕
 宮田八郎遭難対策委員会 
 ハチプロダクション  
 
〔お問合先〕
 宮田八郎遭難対策委員会 メール:860sagasu@gmail.com
 ハチプロダクション   メール:office@hachipro.jp



なんとなく彼を感じにいらしていただけたなら…と思ってます。


上映の時間が長くなってしまいそうです、、、
(終了時間が遅くなるかも)








Comments: 6

根本研司 URL 2018-11-27 Tue 01:43:34

11月25日の飛騨市の平成の芝居小屋船津座での「ありがとう上映会」に参加して来ました。午前10時からでしたので船津座の近くの茂利旅館に前泊しました。ノーベル物理学賞を受賞された小柴昌俊先生が、カミオカンデを立ち上げの時に定宿にしていた旅館でした。宮田さんの地元神岡の船津座も興味があったし、宮田さんが長年撮影した映像をもう一度観たくてまた来ました。サプライズがありました。2012年、2014年、2016年の涸沢フェスティバルでライブを行ったサックス奏者の粥川なつ紀さんが登場して、宮田八郎さんの映像とのコラボライブ演奏がありました。「おやすみ」という曲でした。粥川さんのサックスも素敵ですが八郎さんの映像も素敵で至福のひとときでした。初めての飛騨神岡でした。街の中央に北アルプスを源とする清流高原川が流れ、飛騨の山並に抱かれた自然豊かな山あいの町でした。藤波橋から神岡大橋の遊歩道に行ってみました。藤波八丁の渓谷、素晴しかったです。紅葉も楽しめて、落葉の絨毯の素敵な遊歩道でした。大好きな場所になりました。鉱山資料館、神岡城を見学して、バスで富山に出て北陸新幹線で帰ってきました。北陸新幹線を利用すれば3時間半で東京でした。宮田さんが暮らしていた飛騨神岡に行ってよかったです。11月14日の松本、20日の東京三鷹、そして25日の飛騨神岡での「ありがとう上映会」と短期間で何か所もの上映会は本当に大変だと思います。1か所でも大変なのに負担をかけて申し訳なく思います。そしてありがとうございました。

根本研司 URL 2018-11-21 Wed 02:10:59

11月20日の三鷹市藝術文化センター星のホールでの「ありがとう上映会」に参加してきました。会場のホワイエには、宮田八郎さんの撮影した写真、宮田さんの写っている写真、家族の写真、昨年6月に亡くなった愛犬「じゃん」の写真などたくさん飾ってありました。遭難対策委員会代表の小松一喜さんの挨拶のあと、長年宮田さんが撮影した短編映像が上映されました。「石積奮闘記」2007年から2012年までの6年をかけて完成させた穂高岳山荘の西側の石積の貴重な映像や、「吊尾根レスキュー」、「間違い尾根レスキュー」、カラフェス2012のサックスの映像など初めて観た貴重な映像がたくさん上映されました。休憩後の第二部では、2018年4月1日~5日の宮田さん撮影の最後の映像と「星々の記憶」の上映がありました。最後に宮田和子さんと4人の娘さんが舞台に登場し、和子さんのお礼の挨拶で終了となりました。250席がほぼ満席で、映像を通して宮田八郎さんとの再会を果たしたような、ありがとう上映会でした。会場では多くの人が宮田さんへのメッセージを書いていました。まだ、作品になっていない宮田さん撮影の映像がたくさん眠っていると思います。関係者の力で新しい作品ができるといいなと思いました。宮田さんへの感謝を込めて茨城から参加しましたが、宮田さんの映像に励まされ、勇気と元気をいただいて帰ってきたようです。ありがとうございました。

じじぃ URL 2018-11-20 Tue 19:37:35

良い画像だ。

URL 2018-11-20 Tue 00:14:06

明日、三鷹に会いに行きます。

悲しいことが重なり、日々を苦しく感じることもありますが、八郎さんの穂高を観て、山と、自分と、人との繋がりを再確認したいと思います。

北ア好き人 URL 2018-11-09 Fri 14:16:44

まいらぶりぃ のーべんばぁ と仰ったのは、ほんの1年前ですが、
速かったような、長かったような。

「アントキノイノチ」を最後に、小屋明けの話がなぜ無いのか、不思議に思っていた今年の4月。
青天の霹靂のような話に、単なる一ファンに過ぎないながら、
驚き、悲しみ、訳のわからない怒り、こんな感情を抱くのは、実は自分でも意外でした。

また今年も小屋閉めの日を迎え、穂高は厳しくて美しい季節の中へ。

あらためて、ハチローさんが穏やかにお眠りいただけますよう、心よりご冥福をお祈りいたします。
そして、こちらこそ、ホンマありがとうございます。

今度は、神戸にハチローさんに会いに行こうと思います。
(この日は、ハチローさん起きといて下さいね)

克子 URL 2018-11-07 Wed 19:53:47

ああ、そうでした。
もう小屋を閉める時期になっていたんですね。
なんでしょ・・・・
時は容赦なく過ぎていき、常に新しい一日が始まっていたんですね。

皆さま、お疲れ様でした。
また、来春逢えますように。

Comment Form
Only inform the site author.

Home > 穂高 > 11月6日

タグクラウド
使いっ走りheyko のつぶやき
リンク
メッセージはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブログランキング

FC2Blog Ranking

ようこそ穂高へ

Return to page top