FC2ブログ

Home > 穂高 > あんと。

あんと。

  • Posted by: Hachiro
  • 2019-11-12 Tue 09:47:10
  • 穂高
立冬もすぎて
マジメに冬が近づいてきていますね はやいなぁ、、、

先日のBS1の番組、ご覧いただいてありがとうございます。
はじめて見る映像もあり、オドロキとツッコミと わぁ…やめてぇ〜(ハズカシイ) 
と、、、 なかなか ちゃんと見ていられませんでした(スイマセン)

懐かしいスタッフの姿や
こんなん撮っとったんか… の映像に なんだかもう


131123 蝶ヶ岳_2
(2013/11/23 蝶が岳より 宮田八郎撮影)



ありがとう です、 またまた ありがとう です。

みなさんからの あったかい言葉 あたらしい出逢い つながり

いろいろ ありがとう あんと。
あんと。は ありがとう です、
(文字では表しにくいですが、なれなれしい「ありがとう」って感じっス、そう言ってた(笑))

そりゃぁ ケンカもしたし 険悪ム〜ドの時もそりゃあった(笑)とーぜん。


あんと。 って感じです。(何度もシツコイ)
たくさんの想いをもらって あんと。



明日11/13(水)再放送があります。今度は昼前です。
BS1 午前9時〜 
「穂高を愛した男 宮田八郎 命の映像記録」
番組スタッフからの、、、も読んでみてください。



1枚目の写真「蝶が岳からの穂高」撮影山行の前に
「北穂ロケ」2013/11/20 行ってましたね

131113 滝谷_2s
(2013/11/13 滝谷 宮田八郎撮影)


「北穂沢」2016/11/21
161117 滝谷_83s
(2016/11/17 滝谷 宮田八郎撮影)





今日は満月だ 
雪がついた山々もいっしょに見られたら
きれいだろなぁ













Comments: 7

URL 2019-11-19 Tue 13:41:07

ずいぶんご無沙汰しておりました。
番組見ました。
私の好きな「寒い~!」もありました。
「ハチローさ~ん!」と、番組を見ながら、小さな声や大きな声で、何度か呼んでみました。
「ん?」と言ってくれたような気がしました。
私も「穂高」を愛してやみません。また、時期が来れば登ります。

マルコ URL 2019-11-16 Sat 23:42:57

番組拝見させていただきました。
以前から存じていましたがまさかの海で…かなりショックでした。
八郎さんは最期は俺も山でと思っていなかったのかなと思いながら見てました。
見終わって穂高を愛しているからこそ、ご家族を想うからこそ山ではなく海になったんだろうと思いました。
こんなに山を愛し山に愛され、
人を愛し人に愛された人は他にはいないですよね。
自らの死の予感を感じる方が多くいます。
八郎さんも魂で気づき奥様への感謝を書き記したんだと思います。
涙が止まりませんでした。
奥様もどうぞご自愛ください。

ぶん URL 2019-11-16 Sat 13:20:51

久しぶりにブログを拝見し、慌てて再放送を録画しました。素晴らしい番組でした。山を愛する方だけではなく、全ての人に通じるものが描かれていると思いました。ありがとうございました!

yst221729@gmail.com URL 2019-11-15 Fri 22:57:42

ありがとうございます。
「穂高を愛した男」を繰り返し観てます。
山を愛し過ぎた男と、美しすぎる山々に涙が溢れてきます。

最初は、この人が「なぜ海で?」と思いました。
こんな悲しい事はないのでは?・・・と。

でも・・・

八郎さんの山の神への熱愛に、海の神が嫉妬したのかもしれないな~と思いました。
今は、八郎さんと山の神・海の神、そして山を愛しながら死した人々と一緒に
酒を飲みながら笑っているのだろうと・・・。

私は、山は怖いと感じている人間です。冬山に登るなんて思いもつかないです(すみません)
そこに美しい世界があるとは思いますが、地上で美しいものを追っています。

命が何を追っているのか?は、山でも海でも地上でも宇宙でも一緒ですよね。

一心に何に向かっているのか?

八郎さんの山をひとを愛する心に、心打たれ・・・・
それに幸福感を感じる私です。

本当にありがとうございました、八郎さん。
いつか、お会いしましょうね。

みそ URL 2019-11-14 Thu 21:29:00

私は、山に興味すらなかった。穂高を愛した男を主人と拝見して、言葉では言い表せないほどの感銘を受けた。自分の悩みがどれほど小さいのかを教えてくれた。また、何度でも見たいです。見ます。

とおる URL 2019-11-13 Wed 13:00:32

BS1スペシャル、宮田さんの生き様と穂高の映像に心を揺さぶられながら、見入ってしまいました。映像を思い出すと鳥肌が立ちます。宮田さんの魅力が溢れていました。

海月 URL 2019-11-12 Tue 21:19:32

穂高を愛した男 素晴らしい作品ですね。10日間のうちに3度も放映された作品を私は他に知りません。

 穂高岳も宮田さんを穂高で死なせたくはなかったのかもしれません。

 山に登る事は生きるための最高の業であり、日本では古来から受け継がれてきた様に思います。それ程日本の山は美しくもあり厳しくもあるように思います。

私にとって宮田さんの生き様は憧れでも有りました。

Comment Form
Only inform the site author.

Home > 穂高 > あんと。

タグクラウド
使いっ走りheyko のつぶやき
リンク
パタゴニア Photo: Barbara Rowell
メッセージはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブログランキング

FC2Blog Ranking

ようこそ穂高へ

Return to page top